P.W.J.
      協同組合
 Partners World in Japan  

−外国人技能実習生受入事業−
 1.『技能実習制度』とは

  「技能実習制度」は、開発途上国等が経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・
 技術・知識を修得させようとするニーズに応えるよう、日本政府により平成5年に創設されました。

  日本の企業が外国人技能実習生を受入れ、実践的な技術等を修得させることにより、開発途上国への技術移転を図り、
 国際協力・国際貢献に寄与することを目的としています。



 「外国人技能実習制度」の利用により、


(1) 技能実習生は、修得技能と帰国後の能力開発により、自身の職業生活の向上や産業・企業の発展に貢献
(2) 技能実習生は、母国において、修得した能力やノウハウを発揮し、品質向上、労働慣行、コスト意識等
事業活動の改善に貢献
(3) 我が国の実習実施機関等にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産に貢献


                           に役立ててもらうことにしています。
 
表紙に戻る

Copyright (C) 2012 P.W.J. cooperative All Rights Reserved.